僕が『せどり』をはじめようと思った理由

前回メルマガを書いてから、

リアルでも
お付き合いさせて頂いている方からも

『本当にせどりはじめるんですか!?』

とかなり驚いた様子で連絡を頂いたりしています!

マッサー=サイトアフィリ

のイメージがかなり強いからそういう印象なのかもしれません。

でも、本当にやろうと思っています。

 

せどりをやろうと思った理由は以下のようになります。

 

理由1:

最初、コツを掴むまでは僕もやるけれど、流れがわかればどんどん人に任せていけるビジネスだから。

 

誤解を恐れずに言うと、

僕自身はせどりというものを、プレイヤーとして
今後ずーっとやっていくということは全く考えていません。

むしろ、ドンドン人に任せられるところは任せて
売り上げを拡大させていきたいと考えています。

だから、衝動の部分で僕自身が動いて売り上げを立てる段階で
つまづきたくないんですね。

最初にお金を払って、本物のノウハウを教えてもらって
そこから効率よく動いていきたいと思っています。

そこで得たノウハウを、どんどん人に教えて展開してく
そのようなイメージです。

 

理由2:

サイトアフィリのように、職人的な感覚と日々の研究がなくても、
『誰でもコツを知ってやれば稼げる』ビジネスだと感じたから。

 

最近、SEOをやっていて特に思うことは、
『Googleの動きが読みにくくなっている』

そして、手動とか自動アルゴリズムで、せっかくコツコツ頑張って育てたサイトが
平気ですっ飛んでいくんですね。

今までサイトアフィリをやってきましたが、
こんなにGoogleのアルゴリズムが読みにくいのは初めての経験で

やっぱり、確実に稼げるもう一本の仕組みが欲しいと
思うようになってきたというのが、正直なところです。

それにSEOによるサイトアフィリってて、
日々スタッフとやっていて思うんですが、

『仕事』とか『作業』という性質よりもむしろ
『研究』をやっているイメージに

かなり近いものがあると感じています。

 

で、作業というレベルを超えた『研究』が出来る人を育てるには、
僕の感覚的には少なくとも1年はかかります。

 

1年やって初めて、『なんとなく全体像が見えてきた』という感じみたいです。

だから、アフィリエイトって
人を増やせば増やすほど儲かるものでもなく

その手法がうまく行っている時は
少人数でもアホみたいな利益率で稼げまくれますが、

逆にその手法がうまく行ってない時は、何十人で規模をでかくして
それをやろうとしても、全くと行って良いほど成果がでなかったりします。

人を増やして行くとそれだけ毎月の固定費もかかってくるので
読みをミスると、どんどん経営を圧迫していくと思います。

 

だから、僕はサイトアフィリを組織でやるときは
少数精鋭で、一人当たりの生産性を最大化することが絶対条件だと思っています。

 

でも、せどりは違います。

『利益が出て、売れる商品を仕入れ、Amazonに送る』

これが全てです。

例えば天野さんや坂本さんが日本一の個人せどらーだとすると、
1人辺りの生産性という面で考えると、月商で1000万円ほどです。

基本的に仕入れに行く時間があるので、

サイトアフィリみたいに
無限に売り上げを増やせる可能性は無いと思います。

 

ただ逆に言うと、マンパワーを使えば、
どんどん確実に売り上げを上げることが出来るビジネスでもあると感じています。

 

商品も実店舗で仕入れるので、
Googleのアルゴリズムなんかに左右されることも当然ないし

リアルの店舗というのはネットの世界よりは
変化が遥かにゆっくりだと感じています。

ずーっと1位で稼いでいたサイトが、

翌日には圏外に飛んで一銭も稼げなくなるような変化は
リアルでは考えにくいです。

 

SEOやPPCは僕自身は引き続き取り組んでいきますが、
そこにせどりをプラスしていくようなイメージでやっていこうと思っています。

 

 

理由3:

僕自身、今のビジネスに方に集中できる環境が整ってきたから。

 

これは僕自身の個人的なことなんですが、
以前までサイトアフィリしかやってこなかった理由として

本業(アフィリエイト)に集中できる環境になかったというのが
一番大きな理由でした。

でも、今はちょっと状況が変わっていて、いろいろと動きやすい環境になってので
せどりに取り組めると考えています。

 

 

理由4:サイトアフィリ以外のもう一本の柱が欲しかったから

これは理由2の部分でほとんど言ってしまってると思うのですが、

『研究』の性質にかなり近いサイトアフィリエイトよりも
ビジネスとして見た時に、

確実な収益を確保できるというのがあります。

PPCも1つの柱として取り組んでいますが
SEOと集客のチャネルが異なるだけで、

本質的にはかなり近いことをやっているなーと思うこともあり
もう一本の柱というイメージでは無いんですね。

根本的に異なるビジネスモデルを
1つの柱にしたいというのがせどりをやろうと思った1つの理由です。

 

 

理由5:基本的にAmazonで売るので『集客』が必要ないこと。

商売をしていくうえで一番難しいと言われる
『集客』がせどりには必要ありません。

集客は、日本一のネットデパートである
Amazonがやってくれるからです。

サイトアフィリなんかは、真逆で、もっとも難しいと言われる
『集客』しかやらないわけですよね。

やはり、そこの部分だけ考えても、
取り組みやすと考えました。

 

理由6:僕の周りにも、古くからせどりをやっていて、実際に稼いでいる人がいるのを目の当たりにしているから。

僕がサイトアフィリを始める前からせどりをやっていて
現在進行形で稼ぎ続けている人を知っているというのも理由の1つです。

その方にはいろいろとお世話になっていて
仕入れの時に同行させて頂いたりしてるのですが

やっぱりそこでも、正しい情報とコツを掴んでちゃんとやれば稼げる、
という印象を強く受けます。

 

 

理由7:基本的に、初動で仕入れに使える資金はある程度準備できること、入金サイクルが早いこと。

僕はとりあえず、100万円を準備金として
使ってやってみようと思っています。

実際の仕入れは全部クレジットカードでやる予定なんですが、

クレジットカードの実際の支払いは、
だいたい一ヶ月、ヘタすると二ヶ月後ですが

Amazonからの入金は2週間毎ということなんですね。

ということは、出て行くお金よりも、
入ってくるお金の方が早いわけです。

これはビジネスを大きくしていく上で、
非常に重要なことだと思います。

例えば、PPCでアフィリエイトをやる場合、

実際に報酬が発生してから、銀行口座に入金があるまで、
2ヶ月半ほどかかります。

発生した案件が確定し、
その翌々月の15日払いとかが多いですからね。

そうすると、クレジットカードを使ってPPCをやる場合でも
入金と出金の時期がほぼ重なるか、先にお金が出て行く場合もある、
ということが起こると思います。

その辺、二週間ごとの入金があれば、楽だなーっと感じるんですね。

 

理由8:買い物ついでに実際に仕入れをしてみて、案外簡単に儲かる商品が見つかってしまったこと。。。

 

これも1つ大きな理由なんですが、

僕自身、塾に入ろうか考えている時に
買い物ついでに行ったとあるスーパーで、

利益の出る商品を見つけてしまったんですね。

それがこの商品です。

2014072701

僕、せどりなんて今までやったことない超ド素人ですし、
まだ商品選びのコツなんて知らない段階です。

それでも、見つかってしまうんですね。

本格的にやれば、絶対いける!って思いました。。。

 

ご当地せどり塾に入ろうと思った理由

じゃあせどりをやっていくことはわかった。

次に、なぜ『ご当地せどり塾』に入ろうと思ったのか?
という部分について理由を挙げていきますね。

 

理由1:この前やっていたライブ動画の様子を見ていて、『これは実際にやって結果を出している人にしか言えないこと』だと痛烈に感じたから。もっと言うと、『嘘が無いと思ったから』

これは僕もせどりの仕入れに実際について行って、
いろいろとコツを教えてもらう中で、

坂本さんや天野さんがライブ動画の中で言っていたことは
『絶対に実際にやっている人にしか言えない』ことだと感じたからなんですね。

よく、塾長自身は全然稼いでないけど、塾をやって儲けよう!って人も
いるみたいなんですが、

今のセールスレターってみんなよく出来ているので
その辺を申し込み前に見極めるのは難しいですよね。

けど、今回のご当地せどり塾に関しては、

実際に仕入れに行って『この商品がいくらの利益が出る』かという部分まで
全部公開されていました。

 

理由2:サポート体制がしっかりしていること

塾のサポート体制も見逃せないポイントだと思っています。

いくら本物のノウハウだとしても、細かなコツとか、
ちょっと行き詰まった時のサポートがあった方が

ノウハウの吸収スポードが全く違ったものになってくると思っています。

 

ご当地せどり塾のサポートはいくつかあるのですが、
その中でも僕はこれは絶対に利用しよう!って思ってるサポートが以下の2つです。

・LINEで個別商品判定サポート

・携帯番号サポート

LINEの方は、例えば店舗に仕入れに出て、
『この商品はいけそうだけど、本当に仕入れても大丈夫なのか!?』
ということ、最初のうちは絶対にあると思うんですが

そういう時、商品の写真を取って送ると、
その判定をしてもらえるというものです。

携帯電話サポートは、もう言葉のまま
そのままですね。

僕は最初からスタッフと一緒に取り組んでいこうと思っているので
サポートはフル活用して、どんどんノウハウを自分達のものにしていきたいと
思っています。

 

 

理由3:ご当地せどり塾の坂本さんは独自の視点で商品選びをしているということ。

これは塾に入る前に、アカデミアジャパンのスタッフさんと
ちょっとスカイプをしていて

『せどりの塾っていろいろあると思うんですが、今回のご当地せどり塾って
何が違うんでしょうか?』

的な質問をしたときに、坂本さん自身の仕入れのコツがあって
今回はその辺も結構重要なポイントになってくるみたいです。

 

以上のようなことを総合的に考えて、
せどりをやってみようと思うに至ったんですね。

 

ご当地せどり塾、入塾は7月27日までです。

申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。